• 生命医療保険
  • 年金保険
  • 学資保険
  • 自動車・火災保険
  • 旅行保険
  • ゴルフ保険

沖縄特有のリスクを回避する最適な保険選びをサポート

油料理・車社会特有の病気

沖縄は長寿県として有名です。長寿の要因として、温暖な気候の中でよくからだを動かすことや、肉類の脂肪分をよく落としてから食べる伝統的な料理法、塩分の摂取量が少ないことなどが挙げられます。しかし近年では、ファストフードに代表されるような食事の欧米化や、近距離の移動にも自動車を使う事が多く運動不足になりやすくなった、といったように事情が大きく変わってきています。「沖縄ではふだんは健康に自信をもっている人が多く、病気になってもなかなか病院に行かず、症状が悪くなってから病院に行きすぐに入院する例が多い」といいます。沖縄県は健康診査の実施率を上げ、糖尿病やメタボリックシンドロームを早期発見する対策を進めていますが、糖尿病や肝疾患などになる人は、現状全国ワースト1位となっています。

イメージ

実は全国ワースト1位の沖縄。うちなんちゅに多い病気に備えるためにぴたっとな保険をご紹介します。

お問い合わせ

なんくるないさで油断大敵

肥満などの原因から、長寿県ランキングにて男性は2000年の4位から2005年には26位に転落しています。
「自分は大丈夫」「なんくるない」などの考え方では、突発的な病気で保険に加入できず、死亡後、残された遺族の方へのご負担となってしまいます。特に沖縄県は全国的にも子供の数が多いため、配偶者への大きな負担は大きくなります。そのため万が一の備えとして死亡保障に備えておくべきです。
また沖縄県は飲酒運転が多く、任意保険の加入率が悪いこともあり、自動車事故の加害者・被害者遺族への負担も大きいため、しっかりと備えておく必要があります。

イメージ

大家族のうちなんちゅにぴたっとな保険をご紹介します。

お問い合わせ

長寿の沖縄、老後の不安

沖縄県は、国民年金の納付率が全国ワースト1位です。その率は33.7%(10人中3人しか払っていない)です。さらに高齢者の急増や他県に比べて低収入であることもあり、将来の年金問題への不安が多くなっています。そのために自身や家族の老後のためにも、年金や積立保険へ備えておく必要があります。

イメージ

長寿の沖縄、だけど老後は本当に安心? 老後の不安解消にぴたっとな保険をご紹介します。

お問い合わせ

子供の夢を応援

沖縄県は子供の出生率は全国1位です。そのため親への責任は大きく、将来こどもが夢にむかって頑張ることができるよう、しっかりとした教育資金等が必要です。そのために学資保険に備えておく必要があります。

イメージ

将来のうちなんちゅのために。子供たち一人ひとりにぴたっとな保険をご紹介します。

お問い合わせ

任意保険に加入しない沖縄

2009年、沖縄県の任意自動車保険加入率は全国ワースト1位で52%、つまり県内の約半分の自動車が対人・対物の保険に入っていないことになります。歩行中、そういった自動車との交通事故があった場合や、ご自宅が被害に遭った場合、損害分は運転手の自賠責保険か、超過分は運転手の自費で負担することになるため、損害補償の確実性には不安があると考えられます。またそれだけではなく、ワースト1位である飲酒運転の問題から、ご自身が気をつけていても巻き込まれ事故などのトラブルの可能性もございます。そのために自動車保険に備えておく必要があります。

イメージ

車社会のうちなんちゅにぴたっとな保険をご紹介します。

お問い合わせ

台風の通り道ならではの災害

沖縄県は台風が多く、看板や瓦礫等による建物の破損や事故などがあります。そのために、ご自身でマイホームなどの住まいに風災や浸水などの保障に備えた、火災保険に備えておく必要がございます。

イメージ

夏といえば台風。そんな沖縄にぴたっとな保険をご紹介します。

お問い合わせ

出張時のトラブル

沖縄県は県外や海外に出張や旅行などで、出掛けるケースが非常に多い県です。そこで旅先での事故や交通機関での事故などに備えた、国内旅行保険や海外旅行保険に備えておく必要があります。

イメージ

旅先でのトラブルもカバーしたい。そんなうちなんちゅにぴたっとな保険をご紹介します。

お問い合わせ

趣味のゴルフを楽しむ

県内では、ゴルフ場が充実しているため、ゴルフを趣味にしている方も多い。そこでいざゴルフの競技中の偶然な事故による第三者への賠償責任や愛用のゴルフクラブの破損などの場合に備えて、ゴルファー保険に備えておく必要がございます。

イメージ

せっかくのゴルフを思いっきり楽しむためにぴたっとな保険をご紹介します。

お問い合わせ

お問い合わせ ご来店・訪問相談の予約